みんなのセフレ日記

18歳未満は退出してください セフレの作り方.com

みんなのセフレ日記


人の感情は邪魔なだけ、ただ肌の温もりが欲しいだけです


 僕は、IT関連会社でシステムエンジニアをしています。会社に入社した当時は無機質な機械相手に仕事をしているので人との関わりが欲しいと思いました。しかし、今では人の感情は邪魔なだけ、感情に左右されない機械の方が僕にとっては癒しです。女性の感情も僕にとっては鬱陶しい存在です。感情がなくても女性を抱けば体は温かい、僕はセフレの関係だけの出会いを求めていました。

 出会い系サイトで知り合った洋子はWebデザイナーです。洋子も男女の関係に感情はいらないという女性です。僕たちはセフレの関係です。洋子は大きな仕事が片づくと男が欲しくなるらしくセフレの僕にメールを送信してきます。僕も仕事で行き詰まっていたので洋子の体が欲しいと思っていました。
 洋子とバーで待ち合わせました。20分程遅れて洋子が来ました。「ごめんなさい。」「いや、何飲む?」「そうね・・ウイスキーを」周りから見れば恋人同士に見えるでしょう。僕たちの間にはそんな感情はありません。
 ホテルに着くと洋子が先にシャワーに入りベッドで待っています。僕はシャワーを浴びながら行き詰まっている仕事のことを考えていました。

 僕は洋子の体を愛撫していきます。頭の中では仕事のことを考えていました。洋子の体のことはよく分かっていました。洋子の乳房を揉みながら口に片方の乳房を含み手は洋子の茂みの中です。洋子は体を大きくクネラセ喘ぎ声を上げています。感情がなくても体は感じるのです。洋子は大きな仕事を終え頭の中はセックスのことだけになっているのでしょう。仕事が順調なときは僕もそうだからです。仕事を終えた充実感がセックスを大胆にします。洋子は今足を大きく開き僕は洋子の中に挿入しています。腰を大きく振り洋子の体は壊れそうです。洋子はもうイッテしまっているのでしょう。僕は醒めた目で洋子を見ていました。洋子の体は痛いほどの圧力で僕を締め付けます。僕は醒めた目で洋子を見つめながらこの体だけは離したくないと思っていました。

28歳、会社員


都合の良い時、都合のイイ相手で【完全無料】


傷心の女性と出会って結果的にセフレになった話


言い方が悪いですが、男性にも女性にもセフレになるために、というよりも肉体関係に繋げることが容易になる狙い目、狙いやすい時期というものがあると思っています。

傷心の時です。

特に恋愛に関する傷心という時期なら経験上付け入りやすいですし、その時期に的確なアドバイスを与えることができたり、親身になって愚痴を聞いたり相談にのることで、相手もお礼の気持ちであったり力になってくれたことで距離を縮めてもいいかなと思ってくれたり、傷ついている時に優しさに触れることで好意をもってくれたりと、肉体関係に繋がる可能性がぐっと上がります。

出会いの時からその好機がやってきていた思い出というと、二つ年下のOLをやっているという女性との話です。
ある男女の出会いを演出してくれるサイトで出会ったんですが、大好きな彼に別れを告げられてしまったばかりで心身共に寂しいということで、私はここぞとばかりに彼女が欲しているであろうことを実現していきました。
愚痴を聞いたり相談にのったり、うるさくならない程度のアドバイスをしたりと、自由にできる時間の許す限り、こちらが尽くすかのように時間を割いていきました。

しばらくそんな日々を送っていると、こちらに興味をもってくれたり多少の好意をもってくれるようになり、顔写真の交換やカメラ通話、仕事のことや普段のことなどプライベートな情報交換を徐々に行っていき、最終的に会おうということでまとまりました。

出会ってしまえばこちらのものだとは思っているんですが、気を抜かずに食事の時や酒を飲む時でも肉体関係というものをそこまで匂わさずに親身になって話を聞いて好感度を上げ続けていき、その後はどちらともなく同意をして、ホテルに行きました。

ここまでは定石ともいえますが、セフレになってもらうにはここからが問題です。
これまで培ってきたテクニックや相手を喜ばせることを優先的に行うことで、可能な限り相手を満足させて、またHをしたいと彼女の口から聞かせてもらうまで頑張りました。

その後は定期的に会って相談を受けるけど、Hなこともするというセフレのような相談役のような立場になりました。
次の彼氏ができるまでの繋ぎとして半年ほど付き合いが続き、彼女に彼ができてからは多少疎遠になっていたんですが、現在彼女から彼と付き合っている最中なのに相談以上のことを求められていて悩んでいる最中です。

30歳|会社員


愛よりSEX【完全無料】


出会い系サイトで初体験


今までの人生、思い返してみると全く女っ気のない生活を送ってきました。まともに女性と交際した経験がなく、恥ずかしながら女性経験すらも一度もありませんでした(風俗も)。

こんなことを自分で言うのも嫌なんですが、正直言ってイケメンとは対極に位置する顔面の持ち主ですからね、女性にモテるなんてあり得ないですし、そんなネガティブな感情があるからこそ、恋愛に対して積極的になれなかったんだと思います。

が、半年ほど前に人生で初めて出会い系サイトを使ってみたところ、見事に女性と知り合うことが出来たのです。しかも今現在その女性とは、いわゆるセフレとしての関係性が構築されており、定期的に(大体1週間に2,3度)ベッドを共にしているような状況です。

まさか私のような”ザ・モテない男子”が出会い系サイトでセフレをゲットできるなんて。人生何が起こるか分からないものですね。おかげさまで、いろんな意味で大人の男になることが出来ましたし、なんだかちょっと自信のような感情も芽生えてきました。

それにしても、もしも出会い系サイトというありがたいツールが存在していなかったならば、今でも私は女性と触れ合うことが出来ていなかったのでしょうね。

というのも、自分に対して(容姿をはじめとして)自信が持てないため、女性に対してやたらと緊張してしまう私。異性とコミュニケーションを取るのは相当ハードルが高く、いっつも「あ、あのさ、こ、今度食事でも・・ど、どうかな」みたいな、かなり挙動不審な対応に終始していたものです。おまけに、誘うタイミングもめちゃくちゃ悪くて、結局毎回フラれてしまっていたのです。

それが、出会い系サイトの場合には、ネットを通じたやり取りのため、ものすごく気が楽ですし、何より相手も出会いを求めているため、誘う事にそれほど抵抗感や違和感がないんですよね。

このように、出会い系サイトは私のような恋愛初心者には、大変ありがたいツールであり、ある意味では自分磨き、ひいては自己啓発的なそんな側面が備わっているように思います。

25歳|整備士


100万人のHな物語【完全無料】
←PREV (アダルト出会い系サイトでセフレをゲットwwwwwwwwwwww) | (簡単!セフレの作りかた) NEXT→